おすすめ図書『線は、僕を描く』

おすすめ図書『線は、僕を描く』

線は僕を描く

素敵な小説に出会いました。物語の完成度はもちろんのこと、

教育的観点からも“気づき”が多かったので、

ちょっとした考察を交えながら紹介させて頂きます。

内容については、ネタバレしないよう配慮していますが、

多少の引用があるので、これから読まれる方は、ご注意ください。

|あらすじ

 水墨画を通じて、主人公・青山霜介が、「美しいもの」を見つけ、「線」に見出される青春美術小説。

巨匠・篠山湖山の語る本質的な「言葉」や、登場人物たちが作品を描くシーンの「緊張感」は秀逸。

そうした中にも、大学生らしい軽快な会話や瑞々しい恋心が描かれており、ストーリーは親しみやすく、とても読みやすい作品でした。

|失敗を楽しむ

初めて水墨画に挑戦する主人公・青山に、巨匠・湖山先生が語り掛けるシーン。

=====

p.51

青山霜介

「でも、これが僕にできるとは思えません」

湖山先生

「できることが目的じゃないよ。やってみることが目的なんだ」

p.52

湖山先生

「おもしろくないわけがないよ。真っ白い紙を好きなだけ墨で汚していいんだよ。どんなに失敗してもいい。失敗することだって当たり前のように許されたら、面白いだろ?」

「いま君が経験したのが、天才が絵を描いたときに感じる感覚だよ。純粋に絵を描くことと言ってもいい。」

「もし子供のように無邪気に描ければ、その人は天才になれるよ。失敗することが楽しければ、成功した時はもっと嬉しいし、楽しいに決まってる。」

=====

ここで、湖山先生が語ったことを、教育の場で大人たちができているだろうか?

・「できる」ではなく「やってみる」を目的とする

・どんなに失敗してもいい。そして、失敗することを楽しむ

失敗が許されること、むしろ、それを積極的に楽しめるか?

それは、人が何か新しいことに挑戦して、学習するうえで一番大切なことかもしれません。

|社会への応用

この「積極的失敗」は、現実的にも重要なマインドセットだと思います。

カリフォルニア系の企業で言われる”Fail Fast!”(=早く失敗しろ)も、

デザインシンキングで言われる”Minimum Viable Product”での検証も、

「挑戦」や「失敗」が、価値を生むために不可欠であることを語っています。

※Minimum Viable Productとは、最小限で商品の本質的機能を備えたプロトタイプ。

 最初から100%の商品で勝負するのではなく、簡易的なプロダクトで検証する手法。

日本の企業が、イノベーションの創出に苦戦し、

日本の若者が、既存の組織にウンザリしているのも、

「挑戦」や「失敗」が許されないからではないでしょうか?

変わりゆく世界の中で、「挑戦」と「失敗」を繰り返しながら、

新しい価値を生むことは、これからの私たちに求められるマインドだと思います。

|STEAM教育との関連性

最近、バズワードにもなっている「STEAM」教育ですが、

いずれも学習プロセスにおいて、試行錯誤・失敗を含むため、

こうしたマインドを育むためには最適だと思っています。

※STEAM教育…Science, Technology, Engineering, Art, Mathematicsの総称

アート・プログラミングが素晴らしいのは、

その学習プロセスの中に“失敗”が含まれているからですね。

|楽しんでいますか?

勉強を楽しめない人は、いつか勉強を止めてしまいます。

人生は長い。途中で勉強を止めるわけにはいきません。

だからこそ、勉強を楽しむことが大切だと思います。

=====

p.141

湖山先生

「才能やセンスなんて、絵を楽しんでいるかどうかに比べればどうということもない。」

=====

もちろん、受験などの現実的な都合で、

楽しくなくても、やるしかない…という状況もあるかも知れません。

それでも、FAVE SCHOOLでは、

勉強の楽しさを全力で伝えたいと思います。

そして、沢山の「挑戦」と「失敗」を通じて、

未来の社会のために、できることを頑張りたいと思います。

是非、『線は、僕を描く』をご一読ください!

岡住建郎

代表 / 地域の教育家 山口県下関市出身、1987年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。住宅会社・広告会社で社会人経験を積み、2017年はカリフォルニア大学へ留学(イノベーション・マネジメントを専攻)。 帰国後は地元下関へUターン、未来貢献を掲げ起業。学習塾フェイブスクール(FAVE SCHOOL)では、自身の受験体験から見出した効率重視の学習法やアメリカで学んだ思考を深める対話型授業を実践。 最近では地球環境や地域経済の持続可能性をテーマに活動の幅を広げています。

コメントは受け付けていません。