中学生クラスのご紹介

中学生クラスのご紹介

本棚の写真

こんにちは、フェイブスクール代表の岡住建郎です。

この記事ではフェイブスクールの中学生クラスの特徴と概要を紹介します。

 

【中学生クラスの特徴】

▸1回の学習時間は3時間

 中学生の学習となると、一つの単元を完全に理解してアウトプットするためには、最低90分は時間が必要です。それくらいの時間を集中して過ごせるようになれば、受験勉強も安心して取り組むことができます。また、塾の回数は少なければ少ないほど、移動の時間を節約して家庭学習を増やすことができます。そのため1回の授業時間は3時間に設定しています。

 3時間の使い方は生徒によって様々です。自分で勉強して分からなかったことを質問したり、家で学習した成果を確認するために問題集を解いたり、基礎の確認プリントに取り組んだり、一緒に英語の教科書を音読したりと、それぞれが必要な学習に取り組みます。

 

▸何科目でも定額制

 3時間の学習を最大限活用してもらうために、どの科目でも、好きな時間配分で勉強できるようにしています。

国語・数学・理科・社会・英語、いずれの科目も充実した教材が揃っているため、学校のワークや宿題に飽き足らない人はさらに難しい、そして面白い問題にチャレンジできます!

もちろん分からないところは講師に質問することもできます。

本棚の写真

 

▸プロの講師が直接指導

 フェイブスクールは個人塾です。基本は私(岡住建郎)が責任をもって全ての生徒を見ます。教えるスピードは速く、かつ本質的で分かりやすいという自信があります。また、それぞれの生徒に合わせた成長が達成できるように、できるだけ多くコミュニケーションを取れるような仕組みを導入しています。

 また、2023年4月に大学生となったアシスタントが1名います。彼女はフェイブスクールの卒業生です。この塾で学んだことを、次の世代に伝えてくれる心強い仲間です。

 

▸自分で勉強できる学習法

 「教科書の読み方」「ワークの解き方」「スケジュールの立て方」「テストの振り返り方」など、学習の基礎となる方法論については徹底して教えます。これが分かれば、後は自分で成長することができます。例え話で言うなれば、「魚を与える」のではなく、「魚の釣り方を教える」という点を大切にしています。

 

辞書の写真

 

▸完全なマンツーマンではありません

 フェイブスクールの目標は「自ら学び続ける人」を育てることです。

 勉強の基本は「教科書を読む」「分からないことを調べる」「考えて解く」の繰り返しです。だからこそ、先生が常に横にいる必要ないのです。先生が教えてくれる時だけ勉強しても、自分で勉強できなければ大きく成長できません。そもそも、集中しているときに隣に見ている人がいると邪魔ですよね(笑)

 生徒が考えるときには考える、それでも分からない時には質問できる環境を提供しています。

 

▸時事問題の理解を深める独自の授業

 2020年から「世界を知る授業」のシリーズを継続しています。授業の後半30分を使って世界で起こっている様々な事象についての理解を深める時間です。

これまで扱ったテーマ(一部)は以下のとおり…

・サバクトビバッタの大量発生の原因と影響

・オーストラリアの森林火災とインド洋ダイポールモード現象

・モーリシャスでの日本船座礁事故について

・シリコンバレーのホームレスを救うバットマン

・遺伝子の改編は許されるか

・ウクライナ戦争の背景にある歴史と国際関係

・金利、株価、為替の関係と投資について

・食料システムの危機と日本の食料安全保障

 最新のテーマについて、私が新聞記事・参考動画・関連書籍からの抜粋をまとめた資料を作っています。(毎回とても大変な作業に楽しく苦しみながらも、とても大切なことなので続けています。)

 学んだ後は、感想や意見を書いてもらいます。さらに、みんなで意見や感想をシェアすることで様々な考え方に触れながら、生徒自身が自らの考えを深める機会にもなっています。

 

情報源

 

▸時事問題を学ぶ理由

 学校の学習の指針である学習要領が改訂されて、「新聞」という単語が6回から18回に急増しました。そして、実際の入試でもニュースや社会課題を切り口にした設問が増加しています。

例)

グラフを読み取りながら(数学)

プラスチックによる海洋汚染と(社会)

生態系への影響を考察して(理科)

それらの対策を作文にまとめる(国語)

英語で(英語)

 ここまで極端な問題はありませんが、こうした傾向は都市部の有名校から広がり、今では多くの公立入試でも、学校の定期テストでも取り入れられています。

 ところで、フェイブスクールでは、こうしたトレンドを踏まえて、時事問題の理解を深める独自の授業を始めた訳ではありません。

 そもそも、こうした社会課題への好奇心こそが勉強のキッカケに最適だからです。何かに関心を持つことが自発的な勉強には不可欠で、そのためにテーマは新鮮なモノが一番なのです。そして、こうした課題は一つの答えがない。だからこそ思考も深まる。教科書を超えたところに、学びの本当の面白さがあることを伝えたいのです。

 

 

 

▸フェイブスクールの理念

 フェイブスクールの理念は「学び続ける文化をつくる」ことです。

 塾に期待されていることは、「志望校合格」「成績アップ」「分からないところの解消」など様々ですが、それらを実現するためには「単に勉強すること」が最短距離とは限りません。

 私自身は早慶上智6学部を現役合格できたのですが、その本質的な成功要因は「自発的に取り組んだ」点にあります。つまり、人が成長するためには、周囲が「待つ」ことが必要な時期もあります。誰かに強制されて学習を継続することは不可能です。また、嫌々やらされる勉強では記憶にも残りません。そして、誰かに教わるだけでは、考える力も身につきません。

 だからこそ、フェイブスクールでは、生徒ひとりひとりに「勉強に向かうキッカケ」を与え、「自分で勉強する方法」を教え、「勉強の面白さ」を伝えることを大切にしています。そして、「学び続ける文化をつくる」ことで、一人一人の人生と社会を、より良いものにしていきたいと考えています。

 

  

▸最後に

ここまで、読んでいただきまして、ありがとうございます。もしご興味お持ちいただけましたら、下記の概要をご覧いただきまして、お問い合わせいただければと思います。

フェイブスクールで成長する子供たちに出会えることを楽しみにしています!

 

中学生クラス概要

▸授業日程

週1回3時間

火・水・木・金 18:00~21:00

日 9:00~12:00 / 13:00~16:00

 

▸学区

長府中学校、長成中学校、東部中学校、川中中学校

山の田中学校、勝山中学校、中等教育学校、梅光学院中学校など

 

▸学区

長府中学校、長成中学校、東部中学校、川中中学校

山の田中学校、勝山中学校、中等教育学校、梅光学院中学校など

▸学区

長府中学校、長成中学校、東部中学校、川中中学校

山の田中学校、勝山中学校、中等教育学校、梅光学院中学校など

  

▸進学実績

西高校、南高校、豊浦高校、長府高校、小野田高校、

早鞆高校、宇部フロンティア大学付属高校、梅光学院大学付属高校、N高等学校など

学力を問わず、成長したい生徒は全員受け入れています。

 

▸月謝・その他

※月謝は20,000円です。

※年間48回になるように、正月・お盆・春休み等で休校日があります。

※事前連絡がある場合は振替可能です。

 

【個別説明会・無料体験のお申込み】

https://axel-ed.com/school/2023/07/01/個別説明会と無料体験/

 

 

ホーム » 塾について » 中学生クラスのご紹介
岡住建郎

フェイブスクール代表 山口県下関市出身、1987年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。住宅会社・広告会社で社会人経験を積み、2017年はカリフォルニア大学へ留学(イノベーション・マネジメントを専攻)。 帰国後は地元下関へUターン、地域貢献を掲げ起業。学習塾フェイブスクール(FAVE SCHOOL)では、自身の受験体験から生み出した自立型学習法やアメリカで学んだ思考を深める対話型授業を実践。 最近では子育てに関する相談や講演を行ったり、大人のための読書会を主催したりと活動の幅を広げています。

コメントは受け付けていません。

Copyrights Ⓒ 2018-2022 アクセルエデュケーション合同会社